TopBuzzについてざっくり説明します

LINE@では「0.2円アカウント昇格時のサムネ&タイトル画像」を公開しております。
友だち追加

TopBuzzというサービス自体を「初めて聞いたんだけど…」という人も多いでしょう。
ここではざっくりと、TopBuzzとはどんなサービスなのかをご紹介します。

TopBuzzの特徴

TopBuzzとは、Bytedance株式会社が運営するコンテンツ配信サービスです。

YouTubeのように、さまざまな人が公開する「動画」がメインのコンテンツですが、GIF動画や記事の配信もできます。

動画も、YouTubeより時間が短い物が多く、数十秒から1,2分以程度でサクッと見られるコンテンツが多いのが特徴です。

YouTubeとの最大の違いは、視聴者の傾向を分析して、どんなコンテンツがおすすめかを、「AI」が判断して読者に「掲示」する点です。

視聴者は基本的にほとんど操作はできません。AIが推薦する動画がTwitterのタイムラインのように流れてくるので、その中から気になった動画を見る、という使い方になります。

スマホアプリで見るとこんな画面です。
画面上部のヘッダエリアに、カテゴリーのリンクがあります。

「エンタメ」「おもしろ」「クルマ」などの、9種類程度のざっくりとしたカテゴリーから動画を選べるくらいで、あまり操作できる部分があありません。つい最近までは「動画検索」も出来ませんでした。

運営会社Bytedance株式会社とは?

「なんだ?Bytedance株式会社って?聞いたことないぞ」と思った方も多いかと思ますが、中国では有名なアプリ「今日頭条(Toutiao)」を運営している有名企業です。また、日本でも有名な「Tik Tok」も、このBytedanceが運営しているんです。

日本ではまだそれほど名は知られていませんが、実は世界的に有名な企業なんですよね。

TopBuzzは、2015年にリリース。2018年現在では、アメリカ、日本、英国、オーストラリア、ブラジルなど、世界中で10万人以上の動画クリエーターが動画を配信し、3600万人もの視聴者に閲覧しているそう。

TopBuzzとBuzzVideoってどう違うの?

なお、最近は最近、「TopBuzzVideo」「BuzzVideo」に変更し、現在ではその2つのアプリが併存している状態です。

Bytedance株式会社のプレスリリース(2018年2月2日 11時00分)TopBuzzとBuzzVideoが日本でブランドを強化

ですから、私もTopBuzzとBuzzVideoときおり言い換えて使ってしまっているかと思いますが、基本的には同じものだと思っていてもらって大丈夫です。運営しているBytedanceさんも時々混同して使っているくらいなので(笑)

TopBuzzは危険なのか

「TopBuzzは怪しい」「危険だ」なんていう説も一部にはあります。

確かにアプリやサイトの挙動がおかしかったり、ロゴマークが統一されていなかったり、日本語訳がめちゃめちゃだったりと、中国企業ならではの“おおらかさ”はあるものの(笑)、別段怪しいということはありません。

Bytedanceは2016年末には日本法人も設立し、2017年3月には東京オフィスもオープン。TikTokは日本でもようやくメジャーになってきましたから、企業としては本腰を入れてくる段階だと思います。

そうなれば、おおらかな部分も徐々に是正さていくでしょうね。

現状ではむしろ、どんどん正常化・健全化の方に向かってサービスの仕様や規約も改定されていっています。

我々クリエイター側は、常にアンテナを張って変化に対応していかないといけないでしょう。

実際最近はメディアでの露出も多く、先日は下記のようなニュースも流れました。

TopBuzzで稼ぐためには?

ここまでTopBuzzについてご説明してきましたが、では実際にTopBuzzで稼ぐにはどうすればいいのでしょうか?

TopBuzzビジネスの流れとしては、まずはYouTubeのように自前のチャンネルをもち、そのチャンネルの動画を視聴者が見るたびに広告費が発生、月ごとに広告費が支払われるというビジネスになります。

広告ビジネスですから、いかに広告の単価を挙げるかが重要になります。TopBuzzではチャンネルごとに広告の1再生あたりの広告単価が変わるのですが、まずは「動画1再生あたりの広告費0.2円」という高単価チャンネル(通称「0.2アカ」)を作ることが最初の関門だと言えるでしょう。

チャンネルを作った当初の広告単価は、0.035円付近からスタートとなります。ここから動画を投稿することで、0.2円の有料チャンネルに昇格するのか、0.02円以下の低品質チャンネルに陥落するのかに別れます。

0.2円アカウントにチャンネルを成長させることができれば、後はいかに視聴者に見てもらえるような動画を作るか、いかに視聴者が再生したくなるようなサムネイル(表紙画像)をつけるか、タイトルを付けるかにかかってきます。

まずは下記の記事をお読みください

このブログではTopBuzz(BuzzVideo)で稼ぐためのさまざまなノウハウを余すところなく書き記しています。

このブログを隅々まで読んでいただき、素直に実践していただければ、数万円程度であれば十分に稼げるはずです。なぜならば実際にTopBuzzだけで毎月20〜30万程稼いでいる私が実践している内容を記しているから。出し忘れをしている部分はあるかもしれませんが(笑)出し惜しみは一切していません。

実際に、クローズドで募集している私のコンサル生さんには、まずこのブログの記事を読むように指導しているくらいですので…。

TopBuzzが全くの初めてという方は、まずは下記の記事から読みすすると、全体像が把握できて良いかと思います。ぜひご参考になさってください。

始めに読んでおきたい記事

TopBuzzビジネスのメリット・デメリットのまとめ

2018年9月25日

TopBuzzで稼ぐまでのステップを解説します

2018年9月26日

後で困らないためのTopBuzz新規アカウント作成方法を徹底解説

2018年10月1日

メルマガ会員には0.2円アカウントの作り方を公開中

BuzzVideoで稼ぐための「0.2円アカウントの作り方」ですが、このノウハウを数千〜数万円の金額で有料販売していたり、0.2円アカウントそのものを販売している方もいます。
ですが、お金を出して買うのは無駄であり、非常にもったいないです。

私のメルマが読者さんには、無料で「0.2アカの作り方」を公開しておりますので、よろしければ下記ページよりご登録ください。

「0.2円アカウントの作り方」がついてくるメルマガ登録開始

2018年11月10日

LINE@友達登録すると、タイトル&サムネイルを公開

またLINE@にご登録いただきますと、実際に私が0.2円アカウントに成長させるまでの、動画のタイトルとサムネイルを5チャンネル分公開しています。

あらゆるビジネスの学習において、実例に勝る教材はありません。「0.2円アカウントの作り方」と合わせてご覧いただければ、より理解が深まるものと思います。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

自身はWebプロデューサー、元YouTuber、複数のサイトを運営。最近の研究対象のBuzzVideoでは初月12万、 2ヶ月目で31.5万を難なく達成し、某コミュニティから取材依頼が来たりも。座右の銘は『世界中を旅しながら自由に仕事すると、スゲー効率が下がるよ!』。