後で困らないためのTopBuzz新規アカウント作成方法を徹底解説

LINE@では「0.2円アカウント昇格時のサムネ&タイトル画像」を公開しております。
友だち追加

みなさん、こんにちは。

今回は、TopBuzzのアカウントを作ったことがない、という方に向けて、TopBuzz新規アカウントの作成方法について解説いたします。

Webサービスに慣れている方であれば特別に難しいことはないのですが、不慣れな方にとってははじめの一歩である「新規アカウント作成」ですら、敷居が高いかもしれません。

そこで今回は写真付きで、詳細に解説いたします!

新規アカウント作成方法

【1】TopBuzzのトップページで「Email登録」を選択

まずはTopBuzzのトップページにアクセスしてください。
https://www.topbuzz.com/

アクセスしたら、カラフルな登録ボタンが並んでいるページが見える思いますが、そのなかの一番下の赤いボタン「Emailで登録」を選択してください。

この先複数アカウントを作っていって、万が一その中のどれかのアカウントが規約違反をしているなどと判定された場合、他の登録方法を選んでいると厄介なんです!

例えばFacebookアカウントと連携させてTopBuzzアカウントを作ってしまうと、Facebookの情報がTopBuzz側に残ってしまい、あなたが所有する他のアカウントと紐付いてTopBuzz側に記録されます。

それらのアカウントのうち一つでも問題があるアカウントとしてTopBuzzに認識され、万が一にも削除されたりすると、あなたの他のアカウントも一網打尽で消されてしまいます。

「いや、私はやましいことなど一切しないぜ!」という方でも、TopBuzz側が誤解する可能性は大いにあります。そうなった際にTopBuzz側を説得して信用を取り戻すのは非常に骨の折れる作業です。

メアド登録であれば、もしこの先複数アカウントを作ることになった場合は、また別のメールアドレスを用意すればいいだけ。別々のメールアドレスで登録しておいてある工夫をするだけで、それらのアカウントは基本的に紐づくことはありません。非常に簡単です。

絶対にメアド登録をオススメします!

【2】メアドとパスワードを設定

ここからは難しいことはありません。あなたのメールアドレスと、自分で考えた忘れにくいパスワードを登録してください。

登録すると、下記のような画面に移ります。

【3】メールソフトでメールを確認

先程登録したメールアドレス宛に、下記のようなメールが届いています。

その中の認証リンクをクリックしてください。

【4】TopBuzzトップページからログイン

再度TopBuzzのトップページを開いて、画面下の小さな「ログイン」というテキストリンクをクリックして、TopBuzzにログインしましょう。

【5】登録したメアドとパスワードでTopBuzzにログイン

先程登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

【6】クリエイターツールに入る

無事ログインできますと、下記のような画面に移ります。
その画面右上にアイコンがありますので、そこをクリックしてください。

【7】クリエイターツールでの初期確認事項を確認

クリエイターツールに入りますと、いきなり使い方の説明が始まります。

漫画の吹き出しのような感じで、4項目ほど解説してくれます。
焦る気持ちは判りますが(笑)最初だけなので、落ち着いて解説に目を通しましょう。

【8】通貨を設定

説明が終わり、画面が落ち着いてな「投稿」などのボタンを押すと、唐突に通貨設定画面が表示されます。

ほとんどの人は日本円だと思いますので、日本円を選択し、ライセンス契約文書に目を通して、「提出」をクリック。

【9】新規アカウント作成完了

下記の画面が表示されれば無事成功です。

あとはバンバン動画を投稿していけばOKです!

まとめ

登録作業は以上です。

今後複数アカウントで運用することになった場合は、この前にもうひと手間必要になってきますが、それは別途解説させていただきま。

ここでのポイントは「メールアドレスで登録すること」です。そこさえ抑えておけば特に問題は無いと思いますので、引き続き頑張っていきましょう!

お問い合わせ

ご質問などあれば、下記から連絡入れてみてください。ブログやメルマガ記事などで取り上げ、可能な限りお答えいたします。成果報告も大歓迎です!

お問い合わせはこちら




 

ABOUTこの記事をかいた人

YouTubeやサイト運営をはじめ、株式など各種投資やその他副業で複数の収入を得ている『複』業実践家。2018年から開始したBuzzVideoでは、約3ヶ月目で月収30万超えを達成。一つの仕事で得た収益を投資に回し、半自動で更なる収益につなげるべく、日夜投資とビジネスを研究中。