バズったタイトルをデータベース化せよ!

LINE@では「0.2円アカウント昇格時のサムネ&タイトル画像」を公開しております。
友だち追加

さて、前回は再生回数があがるタイトルの付け方に関して、いくつかポイントをお伝えしました。

あの記事をもとに、ぜひガンガン実践していってください。

すぐに数字として結果が反映されるのが、TopBuzzの良いところです。

PDCAを勢いつけて回していきましょう!

実践してからがスタート

いろいろなノウハウを元に、自分で実践してみる。
そして、上手く行かなかったにせよ、上手く行ったにせよ、結果が帰ってくる。

ここがスタートラインです。

上手く行かなかったら…、視聴者目線になって、もう一度そのタイトルとサムネイルを見直してみてください。
そしてどうであればクリックしたかを想像し、次に活かすのです。

次への方策をきちんとノートに取るのもおすすめです。

もしも上手く行ってバズったなら…、それをすべて記録にとってください。
そして次回は、できるだけ一字一句そのままマネしてください。

もしもそれが何度か上手くバズらせられるようになったら、それはもうあなたの立派な資産なのです

バスったタイトルの記録の仕方

まあ記録して自分で必要な時に引き出せるのであれば、どんなやり方でも構わないのですが、

何かと実例がないと理解できないよ!という方も居ると思いますので(私がそうですw)、2つだけ実例をご紹介します。

スクリーンショット方式

私は、ひとたび万単位で再生された動画は、必ずサムネイルとともにスクリーンショット(パソコン画面を撮影すること)して保存しています。

また自分自身がBuzzVideoのアプリで視聴していて、気になった動画も必ずスクリーンショットを撮っておきます。

そしてこれらの動画をフォルダにひとまとめにして、動画を作る際には一度ざっと見直すのです。

この方式は何よりも簡単にできるという点と、サムネイル画像とタイトルを一覧できるところがメリットです。

一覧表方式

私が実践しているもう一つのやり方として、バズったタイトルを一覧表でまとめる方法があります。

もちろんExcelでもGoogleスプレッドシートでもOpenOfficeでも、なんでも構いません。使いやすいソフトを使ってください。

一覧表にまとめる際には、タイトルの他、次の要素も記録して置くと役に立つでしょう。

  • 動画をアップした日時
  • 半日後、1日後、2日後の各再生回数
  • コメント数(変化するので概数で良い)

バズるのは複数の要素の総合力で決まるはずなので、一概にこれらのデータだけで決まるものではないのですが、これくらいのデータは必ずTopBuzzのAIも見ている数値です。

相関関係が導き出せる、という期待もありますが、それ以上に、

「このタイトルで半日でこれくらいの再生回数なら、明日はこれくらいは行かないとな」

とか

「一日経ってこれほど再生されているのに、二日目はかなり落ちている。じゃあ今日は動画を多めにアップしよう」

などと言ったように、先行きを見通す指標になります。

是非一度きちんと記録を取る習慣をつけてみてください。

こんな事やっている人はめったにいないので、ライバルにかなり差をつけられると思います!

まとめ

以上述べたとおり、バズったタイトルは必ず記録してください。
自分流で良いので、データベース化するのです。

そして毎回見返してください。

ゼロからタイトルをひねる出すものではなく、過去の成功事例をとことん使い回すのです。

こういった、あなただけの成功事例が蓄積されれば、今度はあなたが私のように、TopBuzzを教えてあげる側になれば良いのです!

ぜひお試しください!

お問い合わせ

ご質問などあれば、下記から連絡入れてみてください。ブログやメルマガ記事などで取り上げ、可能な限りお答えいたします。成果報告も大歓迎です!

お問い合わせはこちら




 

ABOUTこの記事をかいた人

YouTubeやサイト運営をはじめ、株式など各種投資やその他副業で複数の収入を得ている『複』業実践家。2018年から開始したBuzzVideoでは、約3ヶ月目で月収30万超えを達成。一つの仕事で得た収益を投資に回し、半自動で更なる収益につなげるべく、日夜投資とビジネスを研究中。